AH-1W スーパーコブラ制作記(タミヤ/イタレリ 1/72)

こんにちは!朝と夜が肌寒くなりいよいよ秋らしくてきましたね。
台風25号が近づいていますが、今年は台風や地震で各地で大きな被害が出たので、今後も警戒が必要ですね。

さてさて、今回はこのキットを作っていこうと思います。
画像
AH-1Wスーパーコブラです。
スーパーコブラはUH-1を発展させた戦闘ヘリ、AH-1コブラの海兵型で現在ではAH-1ZヴァイパーというAH-1Wを発展させた機体も登場しています。

このスーパーコブラは強襲揚陸艦から発艦し、海岸線付近の地上部隊の支援をするという任務をするそうで、洋上を飛ぶためエンジンは2つついており1つが止まっても飛行できるそうです。
画像
パーツはこんな感じ。
ランナーが2枚にクリアパーツ。説明書にデカールといったごく一般的なプラモデルです。

モールドは凸ですがシッカリしており、パッとみて組みづらそうな所は無さそうです。

…といった簡単な説明でしたが制作に入っていきます。
画像
まずはコックピットです。
戦闘ヘリのコックピットは、後ろ席にパイロットが乗り、前席にガンナーが乗っていることが多いですね。このことを知る前に作るとあれ何で操縦桿が後ろにあるんだろうと、疑問に思うでしょう。
画像
胴体を合わせます。ちょっと心配でしたが難なくぴたっとハマってくれました。よかったよかった。
画像
エンジンを付けました。
ここで分割しているのはエンジンが1つのノーマルのコブラの為なのかな。ともあれ、隙間ができてしまいました。
画像
ちょっとパテで埋めました。
同時に主翼(?)も付けます。航空機とは違い可愛い主翼ですが、この下にはミサイルや機関砲が付くのですよねえ…。
画像
そして今回は新兵器。マスキングゾルです。
マスキングゾルはマスキングテープを液体状にしたもので、高いかなあと思いずっと手を出していませんでした。しかし、最近なんとなく手に持ってみたら200円で書いてありとても驚きました…笑


キャノピーのふちっこをマスキングテープで縁取りして中にマスキングゾルを塗るという事をしてみました。
ちょっと時間がかかってしまったかな。
画像

あのピート20mm機関砲を付けると、、、おおお!コブラだ!

一つ二つのパーツで印象ががわりと変わりました。
画像
いやあこの機種格好良いなあ・・・
画像
ロケット弾とヘルファイアミサイルの取り付け金具も作り塗装です。
画像
ぬりぬりしました。
説明書の塗装図は迷彩が施された旧塗装ですが、今回はロービジ塗装にしてみました。
使った塗料は機体の色が、タミヤアクリルFX-19、上のグレーがFX-19とFX-23を調合した色です。
画像
デカールを貼りました。デカールはハセガワの72のF-14から。
アメリカのマークは少し小さかったのですが、あまり違和感が無くて良かったです。

しかしMARINのデカールだけ見つからなかったので、キットのデカールを使用しました。黒ですが意外となじんでいます。
画像
別で塗装していた20mmガトリング砲を取り付けてウェザリングカラーでウェザリングしました。
黒をババっとウォッシングしただけですが、実機は排気汚れやなんやらで汚れている機体もあるのでもう少し汚しても良かったかなー。
画像
プロペラを付けてモチベアップ。
こういう事も大事ですよ。
画像
排気管を付けました。
デカールを貼ってて気が付きましたが、最新型と排気管の形状が違うのは目をつぶりましょう。
画像
ヘルファイアミサイルとロケット弾を塗装しました。
ヘルファイアミサイル格好いいなあ・・・。実はこれが作りたくてヘリを作ったといっても過言ではないです笑
画像
さて、機体の方はもうする事は無いのでマスキングを剥がしました。
初めてやったマスキングゾルのマスキングはうまくいきました!
画像
画像
先ほど制作したヘルファイアとロケット弾を取り付けました。

うーん・・重そうだ。


というわけで…



AH-1Wスーパーコブラ海兵隊完成!

画像
プロペラを取り付けて…
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ヘリコプターはプロペラがあるので撮り方に悩みます笑
画像
攻撃ヘリは機種回りが格好いいですよねえ・・
画像
画像
画像
画像
空撮です!
プロペラを回したかったなあ・・・




↑ツイートバージョンです



と、いうわけで今回は以上です。これから寒くなるので皆様も体調にお気をつけください。
見ていただきありがとうございました!

"AH-1W スーパーコブラ制作記(タミヤ/イタレリ 1/72)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント