【おてがる!色鉛筆迷彩】 Me262B-1a/U1

こんにちは!暑い日が続きますね。
各所で40度を超えたり、熱中症のニュースが飛び交っていますが、皆様も暑さに負けないようにお気お付けください。
というわけで今回はこちらでーす。
画像

HellerのMe262B-1aです。
Me262はドイツが開発した世界で初めてのジェット戦闘機ですが、B型は夜間戦闘機型として生産された機体です。
機種にはレーダーを付けて、後方の席に誘導員を載せて連合軍の爆撃機に立ち向かった機体です。

キットはHellerの旧キットです。B型は72だとハセガワから、32や48でも出ているので結構知名度は高いと思います。

Twitterで「凸モールドコンペ」という企画をフォロワーさんが開催していたので参加しました。キットはクラブの会長さんの知り合いさんから頂いたキットです。なんだか繋がりってすごいです。
画像

機体の説明はこれくらいにして作っていきましょー。
まずはコックピットから。

ちょっと古いキットはこのあたりがちょっと大変。コックピットと胴体をどううまく合わせるかが難しいんですよねえ・・。
画像

コックピットをちょっと削って無事に収まりました。凸モールドを消さずに。
画像

前から見るとサメみたいです。
最近サメの映画にはまってしまって…。

何でもサメに見えてしまう病気です。

サメ映画はどうしたら思いつくんだこんなのっていう面白い内容だったり、ジョーズみたいな怖い映画もありますが自分は面白いサメ映画を見ておお良いなーと思っています。
画像
土の字です。
旧キットはこのあたりまですごく大変。合わなかったり合わなかったりのオンパレードですがのここまで来ればもう敵なしでしょう。
画像

自分の部屋は暑いのでエアコンの効いたリビングで。マスキングなら接着剤や塗料の臭いも出ないから唯一リビングで出来る作業ですわあ。

暑い部屋でこんなにやっていたら投げ出してしまいそうですからね。
画像

暑い部屋に戻って、さっきマスキングした風防を機体に取りつけ。

意外とクリアパーツと機体っていうのが合わないの定番なのですがこの子はぴったりはまってくれました。二重丸。
画像
塗装に入ります。
塗装はいつも通りのタミヤアクリルの水溶き。
XF-19スカイグレーを塗りました。暑いのですぐ乾く。
画像
さて…。ドイツの夜間戦闘機といえばあの独特な迷彩ですが今回は簡単に解決できる方法を。

なんと色鉛筆です。
色鉛筆はダイソーで買った「日本の色鉛筆」の墨色。なかなか良い色です。

筆でやるよりもお手軽に塗装(?)できます。これであなたも夜間戦闘機が作れる。
恐らくですがこの技術を応用すれば通常のドイツ機にも使えるのかなーと思います。

144や72の強い味方!
画像
というわけで色鉛筆迷彩無事に終了です。

実機はもっと大きい迷彩なのですがこういう迷彩もあったんじゃないかなーという事で。

意外とこの機体を調べていると、作るモデラーさんによって表現がバラバラなので自分の好きなように塗装して勝ちな機体だと思います。
画像
デカールを貼ります。
デカールは劣化していたのでストックから。

「22」は実際にはない番号ですが、これしかなかったんだもん!というわがままで。
画像

ウェザリングをします。

ウェザリングカラーと物足りなかったので油彩で汚しました。
個人的に凸モールドのウェザリングに慣れていないのでもっと練習しなくてはと思いました。

でもやっぱり汚すとおもちゃっぽさは無くなり格好良くなった気がしますね。
画像
レーダーを付けます。連合国のよりは性能が悪かったみたいですが十分敵を捕らえれたのでしょうかね。

やっぱり「奇麗に汚す」というのが本当に難しいのですよね。自分はどうしても汚し過ぎてしまう派なので手加減が分からんのです。
かと言ってビビッて全然汚さないと、何か面白味に欠けますし難しいものですね。

汚さす奇麗に作るというのも正解だとは思いますが、自分は汚さないと気が済まないタイプなので…。わがままです。
画像

ベットに寝っ転がって調べ物をしていたら偶然、B型はA型より燃料が少ないから増槽を付けてたよという情報を仕入れたので、急きょ制作。

旧キットはパーツが少ないので短時間で作れてしまうのもいいところの一つだと思います。
画像

ガキなのでまだ飛ばして遊びます。

あと、最近18になりました。エロ本が買えます。

もうそろそろ成人が18になりますが自分はぎりぎり20で成人なのでまだクソガキです。

画像
ちょびっと銀はげ。
これもしないと気が済まないのです。

おとなしめに。
画像
車輪を付けていよいよ完成って時にハプニングが起きます。

そう、錘が足りない!

説明書では何も書いてなかったじゃん!ふざけるな!

というわけで…
画像

はしご

やっぱ人類は単純な道具が一番最後には役に立つんです。
電動のこぎりだったり脚立なんかより、はしごとかトンカチとかの方が強いんです。意味が分かりませんね。


というわけで!

Me262B-1a (Heller 1/72)完成です!
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

凸モールドは撮ってて楽しいです。
色鉛筆ですがなかなか様になってよかったー。次もやろっと。
画像
画像
画像
画像

空撮です!
夜間戦闘機が昼間になって突っ込みは無しで!




↑ついーとばーじょんです。


凸モールドコンペを開催してくれたフォロワーさん、このキットを与えてくれた会長さんと知り合いさん、そしてこのキットに感謝です。
楽しい制作が出来ました。

という事で今回はこのあたりでー。
暑いので体調にお気お付けください。それではー。

"【おてがる!色鉛筆迷彩】 Me262B-1a/U1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント