【超音速迎撃戦闘機】MiG-25 ハセガワ 1/72

こんにちは~。もう夏も終わりそうで窓を開けても寝苦しい夜ともおさらばできそろそろ毛布や布団のお世話になる季節がやってきました。
個人的に冬より夏の方が短い気がするんですがどうなんでしょうかね・・・。

さて、今回の更新もだーーーーーーいぶ間が開いてしまいましたね。
全開の更新日を見ると6月…、今は10月です。なんと4か月もサボっていたことになります。テヘペロ。

さて今回はMig-25を作っていこうと思います。
画像

じゃーん、このキットです。ハセガワのD帯シリーズ!
意外とどこにでも売っているやつです。価格は1000円ちょっと。

中身を空けてみましょう↓
画像

正にハセガワ!って感じの中身です。
それはそうと、このキットどうやらベレンコ中尉が亡命してきたときの実物のMig-25から採寸したそうで事件が冷戦真っただ中の1976年9月6日なので少なくとも40年前のキットという事になりますね・・・。
40年もすれば金型もボロボロ?でしょうがちゃんとバリも少なくしっかりしているのはすごい。
画像

まあ機体がノッペリしているのもあると思いますがかなりのノッペリ
モールドも凸で少ないのでさらにノッペリ!といった感じでしょうかね・・・

このノッペリはモデラーの技が試されますよ

と、まあこんな感じなキットですが実際のMig-25はどうだったかというとミグ設計局がアメリカのXB-70バルキリー爆撃機に対抗する形で開発されたマッハ3も出る世界を見てもこれだけしかない戦闘機です。
実際のところマッハ3が出せるのは材質の関係で8分程度だったみたいで飛行した機体は飛べなくなってしまったり修理が必要だったり…などの模様。なので安全に飛行できる速度はマッハ2.83ぐらいだったみたいですがそれでも十分早いですねー。
何気にMig-25には迎撃戦闘機型、偵察機型、敵防空網制圧型、練習機型の4種類もあったそうです。Mig-25の複座型はカッコいいぞ!
冷戦が終結しても中東の方でも使われたり21世紀にも入っても世界で初の有人機vs無人機の戦いで勝っていたり、今後も活躍が期待される?でしょう。
画像

付属しているミサイルもでかいです…
東側の兵器はさっぱりなのでよくわかりませんがこう大きなミサイルが大きな気がします。

それでは制作に入っていきます!↓
画像

現代機といえばまず錘の問題でしょう。重心が偏ってしまっていますからねー。
聞いた話ですがMig-25は錘を結構たくさん使うと聞いたのででかいねじを入れておきました。このくらいあれば十分でしょう…。
画像

この機体の特徴ともいえる胴体のノッペリ!
このノッペリは機体の特徴でもあるのでちゃんと再現したいなーと思いましてパテを使い整形…
しかしヘラもやすりも無いので主翼で成形するという何とも罰当たりなモデラーです。
やすりぐらい買いましょうよ…。
画像

はい、ノッペリイッチョ上がり!
意外ときれいにできました…主翼は傷みませんでした…
画像

さて、銀を塗りますがそう、指です。
めんどくさいのでクレオス8番銀を綿棒ですくっておいて指で伸ばすだけ!簡単ですよー
画像

と、いうわけで組み立てが終わりました。
さすが40年前のキットというだけでなかなか手ごたえがありました。とりあえず胴体のパテで成形や凸モールドを掘り直しなどをやりましたがまだまだやれるところはたくさんあるでしょう。
画像

というわけでタミヤアクリルのXF-19スカイグレーで塗装し、エナメルの墨入れ塗料で黒を入れます・
画像

黒が入っていないところを退職させるみたいな感じで白と機体の色を混ぜたものをひたすらペタペタペタペタ…
ペタペタペタペタ…

していくと…↓
画像

こんな感じで。

ノッペリっぽさを残しつつ面白い感じにできたので良かったかな。もしやり過ぎたなーと思ってもデカールを貼ってみてみればそれっぽく見えるので良いと思いますよ!
模型的には汚した方がかっこよく見えることもあるので
画像

細部に色を入れていきます。
尾翼の黒などを奇麗にやるとまとまった感じになるのでそこは丁寧にやりました。
画像

デカールを貼ります。少し古かったけど普通に貼れてよかった…

赤星が二種類、0~9までの数字が赤、青と2種類ずつ入っているだけのシンプルなデカールなので現代機のno stepだとかデカールは一切入っていない!むしろ零戦の方が多いのでデカールが苦手だなーって方も安心して作れます。

番号は27で、特に意味はありません
ちなみにベレンコ中尉の機体は赤の31です
画像

墨入れなどをして雨だれを書き込んだり。

この機体は汚してなんぼですよ。バリバリ汚しちゃいましょう
画像

毎年恒例、テストフライトでございます。たまにこう遊んでいるとここをもっとこうしたほうが良いなーとかああしたほうがいいなーとか出てくるのでぜひぜひ。
というかテストフライトごっこみんなやってるよ…ね・・・?
画像

ミサイル(フル武装!)や主脚などを付けます。
脚などのパーツはしっかりしているのでストレスなく組み立てれましたよ。

と、いうわけで
画像

Mig-25 完成でございます!
画像

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

とりあえず、デカい…の一言です。
一度作って確かめてみてください、本当にデカいです。デカいので写真撮るの大変でしたモーン。

実はこの機体の面白いところはエンジンなどを冷却するアルコールは純度が高くとてもおいしいらしいそうで冷戦終結後、基地の関係者が飲んじゃったとかいう面白い話もあります。
画像

ベレンコ中尉亡命事件で関係が深いファントムと比べると違いは一目瞭然。大きさは圧倒的にMig-25の方がでかいです。
こんな機体が日本に侵入して空港に強行着陸と考えるとゾッとしますよね…
画像

画像
画像
画像
空撮です。特に1,2枚目はMig-25が最高にかっこよく見える角度だと勝手に思っていますがどうでしょうか?
画像

てなわけでちょっとお遊び。全部スマホでやりました。
何でもできちゃうスマホって本当に凄いですねえ・・
※日付はフィクションです



↑ツイートバージョン

この記事を見て作ってみようとか今度買ってみようとか作ってる人の参考になればいいかなーと思っています。
僕は可愛い女の子の画像貼って寝ます…

ではまた次回お会いしましょう~。
画像

"【超音速迎撃戦闘機】MiG-25 ハセガワ 1/72" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント