B-17G ”D-DAY DOLL”

こんばんは。新年が始まり数日がたちました。
もう6日です。1月もあと25日です。おとといぐらいにお正月だった気分です。長い休みの後半はすごい早く感じるんですよね…2週間前に戻りたい!

ちなみに明日から学校です(号泣)


こちらです。
画像

アメリカの大型爆撃機 B-17G の"D-DYA DOLL"です。
お年玉で買いました
B-17は1935年にボーイング社が開発した爆撃機で名称はフライングフォートレス(空飛ぶ要塞)らしいです。怖いですね。
戦争前期の爆撃や偵察をこなしました。1943年にドイツを爆撃したのが有名です。
その映画の「レッドテイルズ」も有名ですね。

ちなみに真珠湾攻撃ではレーダーに映った日本軍の攻撃隊をB-17と間違えたらしいです。
画像

まずはコックピットを作っていきます。
大型機なので部品が多いです
画像
画像

こんな感じで完成、
余っているパーツをいろいろ付けてみました…レバーとか酸素タンクなどなど…
画像

机に、コカ・コーラの缶と書類を置いてみました・・

個人的にこのスペースがお気に入りです
画像

胴体を張り付けます。
恐ろしいほど大きいです
画像
画像

こんな感じにマスキングした風防をたくさん取り付けていきます・

B-17の場合20個ぐらいこのパーツがあります。
画像

とりあえずすべての風防をマスキングしました。

同時に主翼も作ります。ちなみにフラップが上下します^^
画像

尾翼を黄色で、カウルを赤で塗ります。
銀の上から塗るとひび割れする可能性があるのでこの段階で塗りました
画像

そして銀塗装です。

シルバーを使いました。筆で適当に塗った後、指で伸ばしていくというずるい塗り方です。

指が汚れますがいい感じにぬれますよ!
画像

マスキングを解いて主翼と尾翼を胴体にくっつけました。

でかいです…零戦5機分ぐらいはあります!これはまさにフライングフォートレス(空の要塞)です
こんな大きな爆撃機を12677機も製造したアメリカは恐ろしいですね…。
画像

反射防止用のカーキ色を塗りました。
銀の飛行機だとこうなっていることが多いですね。あと日本陸軍の飛行機も反射防止の塗料ががついていますが・・なんででしょう。
画像

タイヤなども作っておきます
画像

デカールを張ります。
完成近づいてきました!

それにしても派手なマーキングですねー。
画像

主脚を取り付けて完成です!

B-17G フライングフォートレス "D-DAY DOLL"完成!
画像
画像
画像

尾翼黄色にカウル赤に全身がジュミラルシン…派手すぎますね。おもしろいです! 

ドイツを爆撃する際にF型はカーキ色で8機編隊でしたが、G型になってからは18機編隊になり塗装もこのようになったらしいです。
画像

まさに「フライングフォートレス」空の要塞、です。
このがっしりとした機体の迫力は大型爆撃機の強さが感じ取られます。

ちなみにこの女の人の絵が描かれているのは戦後らしいです。戦時中は別の女の人が書いてありました。
画像

比較です。
div align="center">画像

主翼の大きさは零戦21型の3倍です。
画像

最後に空撮!
画像
画像

大きいので撮るのに苦労しました(笑

それではまた次回です
ご視聴ありがとうございました

"B-17G ”D-DAY DOLL”" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント