水上の強者 水上戦闘機強風

こんばんは。もうお正月も終わりですね。3日間短かったです。
もっとお正月が長ければなぁ…
画像

今回はこれを作ります。
水上戦闘機強風です。
強風(きょうふう)は川西航空機が太平洋戦争時に開発した日本海軍の水上戦闘機である。略符号はN1K1、連合国側のコードネームはRexであった。主任設計技師は二式飛行艇も手がけた菊原静男。

本機は水上機でありながら空戦を主目的とした機体として設計されたが、開発が難航したことで活躍の時期を失い、性能も期待外れで操縦も難しかったことから、生産数は100機に満たない。本機登場までのつなぎとして、零戦を水上機化した二式水上戦闘機が開発されたが、こちらの方が生産数も多くそれなりに戦果も残している。本機をベースとして局地戦闘機(陸上機)紫電が開発され、さらにその改良発展型である紫電改は大戦末期に日本本土に襲来したB-29や米航空母艦艦載機の要撃に活躍した
wikより引用
と、言う感じです
画像


部品はかなり多いです。
ついでにこのキットは絶版だったりします。
1月のどっかでコンボのやつが再版されるらしいですが。
画像

こっくピットをくみたてました
画像

横の箱みたいのを黒で塗ってメーターとかをやりました。
画像

乾燥している間に主翼を組み立てました。
画像

次に胴体を組み立ててから
画像

両方合わせました。
画像


そのあと、カウルと尾翼を組み立てました。
実は地味にサイドラインを掘りました。
画像


今回は手間をかけてみようということでサイドラインに沿って黒を塗りました。
画像

その上から緑;黒を9.1でわり溶液でうすめたあと塗りました。
ついでに溶液は間違えてエナメルのを買ってしまいました。あとできずきましたがよくたれたな…とおもいました。
なので乾燥に時間かかりました
画像

実はその間にフロートを作ってました。
フロートはかなり大きいです
画像

出来ました。
塗装は後で別別にやりました
画像

乾きましたので上から少しうすめたので塗って行きました。
でも失敗してしまい…
画像

裏のグレーを塗りました。
画像


そのあとフロートを付けました。
フロート付けるの大変でした。
画像

ちょっと違和感があるプロペラ周りとデカールを貼りました。
ナンバーはジャワ島のにしました。青がきれいだったので
画像


空中戦と風防を付けました。
この作業は調節が難しいです。そして・・・
画像


完成しました。
何とかぬれてよかったです。
失敗した時は放置というのが見えてたんですがなんとか(藁)
画像

横からです。
台さみたいなのもあったけど作ってないので…
画像

なかなかかっこいいです!
のってみたいな~
画像

最後に川西兄弟と・・・
こう見ると機体それぞれに個性があっておも白いです。


それでは!

"水上の強者 水上戦闘機強風" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント