SOC-3シーカル 合衆国沿岸警備隊

こんにちは。今年も入り1月が終わろうとしています。早いですねえ…。
仕事で申し訳ないですが、今年は高校卒業をして4月から学生モデラーを卒業し、社会人モデラーの仲間入り…という事になります。何か卒業制作でどでかいものを作ろうかなあとも検討中です。お楽しみに。

さて、今回は完成からある程度時間がたってしまってますが、水上機です。
画像
こちらです!
カーチス SOC-3 シーガル
アメリカ海軍の代表的な水上機で1934年に初飛行しました。巡洋艦や戦艦に乗せるため主翼は後方に降りたためマス。陸上型もあるそうです。ハセガワでも旧キットだけど両方出てますねー。

画像
パーツ一覧です。
ランナー3枚でごくごく一般的な感じです。細かいパーツが多いのでちょっとバリとか心配だなー。

画像
マーキングですが、合衆国沿岸警備隊にビビっと来たのでこのマーキングで行きます。

それでは作っていきましょ~↓↓↓

画像
まずはコックピットを制作します。
中はNATOグリーンで…。NATOグリーンはいろいろな場面で活躍してくれるのでありがたい存在です。

画像
胴体を作ります。
ちゃんと合いが良くてビシッと決まってくれました。ついでに付属していた名札?も。

ハセガワの製品はたまに名札がついてきてくれるのでうれしいです。

画像
さて、組み立てが終わりました。
パーツたちはバリはそこまで多くなかったので何とか助かった!


画像
塗装しました。塗装はラッカーの8番銀でババっと塗装し、タミヤアクリルのメタルグレイでちょっと塗り分けしました。
イヤー、いい感じの銀になってくれました。

画像
上翼を黄色に塗りました。
戦前のアメリカ機は主翼が黄色に塗られている派手な機体が多いので、プラモ映えしますねー。


画像
さて、デカールですが…
何とも悲しい結果に…。

画像
でも、デカールは何とか頑張って何とか貼れました…
最低限?の情報は貼れた良かったよかった…。


画像
さてお待ちかねのウェザリングたーいむ。
クレオス様のウェザリングカラー、ブラックとスティンブラウンの登場です。


画像
ウェザリング。
銀色に黒色はすごく似合うので楽しい作業です。

画像
今回は窓枠を黒に塗ってみましたが、なかなかいい感じになりました。
これは次からやってみよう。


画像
というわけで悪魔の組み立て。
複葉機は昔組み立てるのがものすごく苦手で、接着剤べたべたになってしまうトラウマがあったんですよねえ…
でもなんとかベタベタにならずに組み立てることが出来ました。

画像
フロートを取り付けます。
何とここで支柱が折れるハプニング…!こんなサプライズは要りませんね…。


画像
サイドのフロートも付けて…


SOC-4 合衆国沿岸警備隊(1938~39) 完成です~
画像


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
銀色で複葉水上機、本当に格好いい要素が多い飛行機です。
撮るのが楽しかったのでたくさん撮ってしまいました。

画像

前作の零観と比較です。複葉水上機は格好良いなあ・・・。本当に好き。

というわけで空撮。
画像
画像
画像
画像

大空を待ってくれます。



↑ツイートバージョンです。


というわけで楽しく制作できたので良かったなー。
また次回お会いしましょう。見ていただきありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック