エフトイズのB-52 (1/300)

こんにちは。12月に入りいよいよ2018年の終わりが近づいています。今年の冬はなんだか例年より暖かい気がしますが…。
そして、そろそろ年賀状を書かないといけませんね。自分は年賀状を書くのが、今年も終わりだなと実感する瞬間です。


さて、今回は食玩です。
画像
F-toysのボーイングコレクション2のB-52です。

お値段は食玩にしては少々高めな800円ほどですが、それ以上の価値ある製品だと思います。スケールは1/300ですが、箱が圧倒的にデカいので驚きます。

何が出るか分からない形式になっているいつものやつで、現用で飛んでるグレーのB-52、迷彩された初期のB-52、そしてNASAのNB-52の五種類が入っており、どれが出ても外れではないかなーと思います。



画像
箱を開けると本体とガムと説明書が入っています。箱には本体がおまけ素材と書かれていますが…笑

そして、取り出すときのワクワク感が最高にたまらないですねー。うーん。


画像
B-52のパーツを全部出してみました。
パーツはちょっと多い気がしますが、組んでてそれほど気になりませんでした。
あと、本当に1/300なの?っていうほど大きいです。72の零戦ぐらいの大きさがあります。

と、いうわけでここからは出たのを紹介します。
画像
画像
画像
まず最初に出たのは「3」の第644爆撃航空団のB-52でした。ストライプが入っていて、なかなか良い雰囲気です。


画像
「4」のシニアボール計画のB-52。
シニアボール計画とはD-21という無人偵察機を運用する作戦で、母機から発射した無人機を飛行させ偵察する計画だったらしく、実戦配備もされていたみたいですが、行方不明になったり、回収に失敗したりという結果だったらしいです。間違っていたらごめんなさい

画像

そしてD-21の母機にもなったB-52ですが、なんとブースターを付けると着陸状態では地面に当たってしまうので、飛行状態じゃないとダメだよートのことらしいので、ブースターは付けずにしておきました。
写真の細長い黒いとんがってる棒がブースターです!



画像
画像
画像
そして「1」の第5爆撃航空団のB-52です。
グレーのB-52が1機しか入っていないので、出たときはものすごく嬉しかったです。
B-52はこれからもまだまだ飛べるみたいなので、頑張ってほしいですね。いつか本物が見られますように。


画像
3機並んでのスリーショット。
いやあ本当に大きい…。これだけ並んでいると圧力がありますね。

爆弾を落とすための飛行機、恐ろしい飛行機が3機もあるとなかなか落ち着けません。
画像
おそらく同スケールのMD-90と。
MD-90が小さいのもありますが、やっぱり爆撃機っていうだけあり、本当に大きいです。


ぜひ皆様も1箱買ってみてはいかがでしょうか。なかなか楽しませてくれましたよ。

それではまた次回お会いしましょう。見ていただきありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック