【食玩戦闘日記】ウィングキットコレクション VS8  

こんばんは!鈴虫の涼しく心地よい鳴き声が聞こえてきました。気が付けばもう9月ですね。8月のような猛暑日とはおさらばです…。
そして、台風21号も過ぎ去り平和な暮らしが戻ってきました。しかし、台風シーズンなので油断してはいけませんね。


というわけで今回は「戦闘日記」となっていますが、自分的にはかなりの戦闘をしました。リアルタイムで見ていた方はこれくらいどおってことないじゃんと思う方も居たかもしれませんが、なんせ食玩をここまで買い求めたのは初めてでして…笑
画像
全ての元凶?となるブツはこちら。
ウィングキットコレクションのVS8です。皆様お馴染みの1/144スケールのヒコーキ模型です。
コンビニや本屋、イオンでもよく見かけますね。このブログで食玩について、まともに取り上げるのは初めてかな…?
画像
VS8のラインナップはこんな感じです。
1-A:モスキート B Mk.4 イギリス空軍 第105飛行隊
2-ATM:モスキート PR Mk.4 イギリス空軍 第540飛行隊
3-A:モスキート B Mk.4 イギリス空軍 第109飛行隊
4-A:モスキート B Mk.4 イギリス空軍 第627飛行隊
1-B:メッサーシュミットBf110 G-2 ドイツ空軍第1駆逐航空団 第6中隊
2-B:メッサーシュミットBf110 G-4 ドイツ空軍第4夜間戦闘航空団 第7中隊
3-B:メッサーシュミットBf110 G-4 ドイツ空軍第1夜間戦闘航空団 第9中隊
4-B:メッサーシュミットBf110 G-4 ドイツ空軍第3夜間戦闘航空団 第8中隊
5-B:メッサーシュミットBf110 G-2 ドイツ空軍第200夜間戦闘航空団 第5中隊
+シークレット
と、なっています。

今回のテーマはWW2のヨーロッパ双発戦闘機対決となっており、モスキートとBf110が選ばれたようです。
モスキートもBf110、どちらとも有名な双発戦闘機なのでこれはどちらが出ても嬉しいところ、なのですが、自分はレーダー付きのBf110が欲しい!という事で戦っていきます。

事の発端は、本屋さんに漫画を買いに行ったらなんとこれがワンボックス分ぽんと置いてある。誰も手を付けていない状態だったので適当に選んで漫画と一緒にひとつだけ買いました。
500円ぐらいでお手軽に飛行機が買えちゃう。たまにはいいだろうという事で…
すると…

画像

1-B:メッサーシュミットBf110 G-2 ドイツ空軍第1駆逐航空団 第6中隊

が、出ました。個人的にはBf110が欲しかったのでラッキーと思いましたが、パッケージを見てみるとレーダー付きのBf110が…。
何だこれはカッコいいな!という事で…
画像

買ってしまう!沼の始まり!というわけで…
そして結果は…。なんと欲しかったレーダー付きのBf110じゃない!5-B:メッサーシュミットBf110 G-2 ドイツ空軍第200夜間戦闘航空団 第5中隊だったのです…。

うわーこれはショック…。うーん…敗北。悲しい。辛い。

Bf110は5種類あるのですが、なんとレーダーが付いていない2種類を引き当ててコンプリートしまうという強運。しかし、これでもうレーダー無しBf110はいなくなった!(はず)

因みに
画像

モスキートはまさかのシークレットを引いてしまいました。やったね。

画像
歴史的敗北から早、2時間と30分ぐらい。
自分の姿はかつての決戦場である本屋にいました。箱を一つ一つテレパシーで選び、びりびりッと来た奴2箱を買ってきました。


さあお願いしますよ神様仏様。
画像
うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!なんとまさかのダブル引き!!!


…神様は実在します。イヤー本当に驚いた。嬉しい。ハッピー。

本当にうれしいです。生きててよかった。
画像
そして次の日、もう一つ買ってきました。
理由はモスキートがもう1機欲しかったからという理由です笑

というわけで、この下からは出たやつを作ったので載せていきます。
画像
まずは1-A:モスキート B Mk.4 イギリス空軍 第105飛行隊。
モスキートといえばグレーと緑の組み合わせのこの塗装タイプが一番思いつくんじゃないかなーと思います。

モスキートの組み立てはBf110よりも時間がかかった気がするかなあ…。特に主脚の部分ががっちりしているのでそこに時間を取られます。
個人的には白黒のストライプが入った第627飛行隊が欲しかったのですが、あまり欲を出してはいけませんね。
因みに、モスキートは爆弾倉の開閉が選べるので爆弾を載せてあげれば戦闘爆撃機感あふれる仕様になっています。
画像
お次はこちらのモスキート。
シークレットのモスキート PR Mk.4 イギリス空軍 第1写真偵察隊です。

このPR型は写真偵察型のモスキートだそうで、胴体の真ん中あたりと背面にカメラのデカールを貼る指示があります。
画像
というわけで、グレー+緑とブラウン+緑の迷彩がそろいました。
こう見るとモスキートってなかなかかっこいいんだなあ。ちょっと見直してしまいました。

しかしこの機体が木製出来ているのに爆弾や偵察、戦闘などもできるって本当に優秀な機体なんだなあと思います。因みに木製なので湿気が多い東南アジアでは変形したり、キノコなどが栄えてしまったりというエピソードがあります。湿気の少ないヨーロッパだから活躍できたヒコーキなのでしょうかねー。
画像
さて、皆様お待ちかねのBf110のお時間です。
まずは5-B:メッサーシュミットBf110 G-2 ドイツ空軍第200夜間戦闘航空団 第5中隊。

レーダーが付いていないもう一つの方のBf110ですねー。やはりレーダーがない分作りやすさはあります。
画像

画像
お次はレーダー付きの3-B:メッサーシュミットBf110 G-4 ドイツ空軍第1夜間戦闘航空団 第9中隊。

うーん、レーダーが付くとイケメンになりますなあ。本当に格好良いです。

このレーダーがついているBf110は1942年以降にレーダーや斜め銃を搭載した本格的な夜間戦闘機型のG-4で、ハインツ・シュナイーファー少佐などのエースを生み出した機体でもあります。撃墜数は121機だそうで…。恐ろしいですね。
画像
そして最後に4-B:メッサーシュミットBf110 G-4 ドイツ空軍第3夜間戦闘航空団 第8中隊です。
先ほどのBf110の主翼に迷彩を塗ったパターンでしょうかね。ここまでBf110を作るともう説明書を見ないでも作れてしまいます笑

いやあこれで購入したすべて6機を無事に完成させれることが出来ました!
画像
画像
そして作ったひこーきたちを並べてみました。
壮観ですなあ・・。ここまでくるとコンプリートしたくなっちゃうのがこの商品の罠なのかもしれませんね。一度、コンプリートを頑張ろうかなと考えましたがお財布と相談して辞めました。

画像
箱を並べてみます。

ここまで出かかった費用は500円×6箱なので3000円です。自分にとってはかなりの出費でしたが、たまには何が出るか分からないのを買ってどんどん組み立てていくのもいいなーと思いました。

また面白そうな製品が出たら今回みたいなことをやってみようと思います。


ここまで見ていただきありがとうございました。またお会いしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック