久しぶりの零戦 (ハセガワ 1/48)

こんばんは!梅雨に入りジメジメとした季節が訪れようとしています。
梅雨が明けたらもう夏だ…。早いですねえ。

さて、ずっとブログ更新をさぼって 有休を使わせていただいていました。
久しぶりのふっかーつという事で復活祭な感じで…

なんとなくTwitterを見ているとエアレースで零戦が飛ぶという情報を耳にしたとき、ちょうど前作が終わりなに作ろうかなーと考えて居た時だったのです。ちょうど積みに目をやると頂いた零戦のプラモが…

しかしスケールは48なのでちょっと悩みましたが思い切って作ることにしました
画像


と、いうわけでハセガワの48零戦を作っていきたいと思いま~す。

零戦は日本人なら誰でも知ってる、言わずとも知れた名機の中の名機なので説明はしなくてもいいでしょうね😃
画像

とりあえず普段72ばっか作ってる人なので初めは

デカっ!

っから始まるのがお約束(?)
72のほぼ二倍ぐらいありますからね。
画像

48だからパーツが少し多かったけど難なく組み立てることが出来ました。

パーツは72の倍ぐらいあるかと思っていましたが1,5倍ぐらいに増えてるだけぐらいでした。

しかし一つ一つが大きいので胴体や主翼の張り合わせは大変。
画像

緑を座ザーッと塗っちゃいます

零戦に緑を塗るお仕事、昔は零戦ばっかり作ってた頃を思い出します笑

画像

作ってたら神雷部隊の零戦が作りたくなってきてしまったので急きょ尾翼の塗装を落として白く塗りマスキング。
画像

というわけで白い稲妻の出来上がり~。
簡単そうに見えて意外とバランスが難しいんですよね。

零戦で一番好きな部隊なのでいつか48で…と思っていたので夢がかないました
画像

デカールを貼ります。
日の丸を張るの久しぶりて涙がぽろぽろ・・・

尾翼の番号は数字があったのでそこから取ってきました
画像

ちょっとカッコよくなるコツを紹介させてもらおうかな。

デカールの上からモールドにデザインナイフやカッターを入れそこに墨入れすると機体に塗装した感じになっておススメですよ。
注意点はデカールをちゃんと接着しないと切ったときに取れてしまうので注意してくださいね。
画像

てなわけで、油彩汚し。

最近油彩汚ししかしていないなあ・・・バカの丸覚えってやつですかね。

ま、個人的にはかっこよくなるからいいと思うんだけど。
画像

銀はげをクレオスのラッカーの銀を爪楊枝で書き込み・・・

日本機はこの作業が楽しいですよね
画像

風防のマスキングを解きました。


こう、自分好みの飛行機が出来ていくのは楽しいですね
画像

仕上げに主脚やらフラップなどを付けて
画像

零戦52型 第721海軍航空隊 神雷部隊 所属機完成です!
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

撮っていて分かったのですが本当に美しい機体なんだなあと…
地平目線で見た時にちょっと斜め後ろの胴体部分の曲線が個人的には大好きなポイントです。
画像
画像
画像
画像

最後に空撮を乗っけます。
いつか飛んでる姿の零戦を見てみたいものですね~。


最近他国機ばっか作ってるぞーっていうあなた、合わせ目が大変なキットで疲れたーというあなた、久しぶりに零戦を作ってみませんか


ツイートバージョン↓



今回はこれにて閉幕。

見ていただきありがとうございました~

この記事へのコメント

七日町 糸
2017年10月01日 15:20
初めてコメントを投稿します。七日町 糸です。
零戦ですか、僕が一番好きな戦闘機です。(二番目は烈風ですね。)ちょっと零戦で小説を書いたりしています。
これからも期待しております。
2017年10月08日 19:41
七日町 糸様へ

こんばんは。コメントありがとうございます
零戦がお好きなのですね~。零戦は私も大好きな飛行機です^^
烈風も良いですな。昔一度作りましたが記事にはしていませんわ汗
小説を書いておられるのですね。
お互い頑張りましょう!
七日町 糸
2017年10月08日 22:06
返信ありがとうございます。
零戦は、主人公神崎保信の愛機が三二型、その飛行機仲間山ノ井春音の愛機が二一型という設定です。
二人は、零戦ミュージアムという大戦機博物館の学芸員兼パイロットなんです。
復元され博物館所有となった空母翔鶴での着艦も難なくこなし、模擬空戦大会(架空)では全国2位と1位の腕前ですね。

この記事へのトラックバック