PBY-5a カタリナ (ACADEMY 1/72) その1

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ついに新年ですね。2017年はどんな年になるのかなー…


年も変わったので何か目標を立てたいなーと思いまして思いついたのが
「ブログをちゃんと更新する」
と、いうことにしました。

去年の8月ごろからさぼり始めて9月10月ごろは更新すらしていないという事態が起きていまして…それを何とかしないとなーと思っていましたが思いついたのが何回かに分けて更新すること・・です。

毎回完成したら載せるという方法ですがその方法だとどうしても途中で力尽きちゃうことがありまして…。何個か書き途中で放置しているのが割とゴロゴロとありまして…汗

と、いうわけで今回はキットの紹介だけとなります。お許しください



今回のキットはこちらです↓↓↓
画像

お年玉で買いました。

アカデミーのPBY-5a カタリナです!

PBYカタリナはアメリカのコンソリデーデッド社が開発した飛行艇で1935年に初飛行。連合国の偵察、哨戒警備、沿岸警備、海難救助などに用いられ活躍しました。戦後、海上自衛隊で使われたのも有名ですね。

巡航速度は200km/h程度ですが航続距離は4800km、15時間も飛んでいられることが出来ました。
1937年からアメリカ海軍で使用され、アメリカ陸軍、イギリス、オーストラリア、カナダで使われました。第二次世界大戦後には自衛隊でも使われましたが民間にも払い下げられ旅客機として活躍もしました。飛行艇の旅客機とかロマンがありすぎる…

ちなみに映画、「トラ・トラ・トラ」では駐機場対中に破壊されてしまうシーンがあるそうです。(もちろん模型)

そしてこの黒いカタリナはもちろん夜間飛行用です。
「ブラックキャット」として激戦が続くガダルカナル島に配備されました。カタリナを真っ黒に塗り、水陸両用にタイヤをつけ索敵用レーダーをつけた(夜間は)最強のカタリナとして生まれ変わった?カタリナです。
主に偵察、夜間攻撃では対艦もこなしました
画像

キット内容はこんな感じ。
説明書、デカール、クリアパーツに、部品ランナーが入っています。
お値段はタムタムで2400円(税抜き)でした。最近のタムタムはアカデミー推しみたいなのでなかなか見ないACADEMYキットをゲットしに行く価値がありそうです

このキットの凄いところといえばなんといってもこの…
画像
画像

画像
画像

このリベット!

なんとフルリベットですよ!2400円でこの大きさ、さらにこのリベット・・・

もうこれは感動ものですよ・・皆様もこのカタリナを見つけたらぜひ買ってリベットを見て感動してください…
まさかのフロートの裏側にも入っているのでこれは気合が入りまくっているキットだと思います
画像
画像

ちょっと仮組。

正直言うともうこれだけで満足できてしまいます笑


これに翼が付くと考えるともう地球上に生まれてきて本当にありがとうございましたレベルです…笑

その2(組み立て)→http://hudenurihikouki.at.webry.info/201701/article_2.html
その3(完成)→http://hudenurihikouki.at.webry.info/201701/article_3.html




それではまたお会いしましょう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック