戦場のバレンタイン

こんばんは!父と妹がインフルエンザになりまして…そして僕も調子が悪かったので病院に行ったら花粉症といわれました。。。
なぜ今の時期に花粉症・・・どうやら杉花粉らしいです??

今回はACADEMYの72分の1.Bf109 E-3を作ります。

Bf109は1930年団初期に設計されて、どんどん改良されていきました。スペイン内戦では大活躍したそうです。
A型B型C型D型、の次に来たのがE型です。
E型は第2次世界大戦のドイツ空軍の主力戦闘機でバトル・オブ・ブリテンなどの作戦で活躍しました。

ちなみに愛称は「エミール」といわれていたそうです。おしゃれな名前ですね。


画像

ちなみにこのキットはドラム缶や牽引車までついていてお得商品です。
画像

コックピットを作ります。

Bf109のコックピットは洗練な感じでとても面白いです。
色はダークグレーを使います。日本とアメリカは抹茶ラテのような色ですが西洋の機体はダークグレーが多いですね…


画像

胴体を作ります。

画像

主翼をつけました。

Bf109はE型とF型を境にいろいろ変わりますがどちらも好きです。
主翼も四角から丸に変わってしまうので武骨な感じが曲線な戦闘機になってしまうんですよね…


ちなみに地味にBf109を100期作るという目標を立てていますが…月に2機ぐらい作ると50か月…4年はかかりますね。
画像

胴体をスカイグレーで塗装です。

今まではグレーに青を混ぜて塗装していましたが模型屋でこの色教えてもらいました。すると調合するよりもいい感じにできたのでうれしいです。
画像

薄目のグレーを塗ります。そしてマスキング・・・

このグレーの調節が難しい…。タミヤのアクリルシリーズでこの色出ていないんですよねー…
Mrカラーから出ていますが艶ありなので毎回調合して作っています。
画像

上に濃いめグレーを塗りました。

こちらも出ていない色なので自分で調合です。
なんだかんだで5機ぐらいドイツ機を作ったので色が大体わかってきたと思います。
画像

墨入れをしました。
結構変わりますね♪この作業が1番好きです
画像

デカールを張ります。

ACADEMYのデカールは張りやすいのでとても好きです^^
剥がれやすそうですがはがれにくいのが面白い。

そういえば胴体全体に迷彩していないBf109は初めてですねー…
画像

あらかじめ塗装しておいた風防を取り付けます
あとプロペラの塗装・・

西洋機はデカールを張ると本当にイメージ変わりますね。
画像


ちょっとお遊び・・・
不時着でっす。

パイロットも翼の上に置いてみました。町の郊外で不時着しましたが的にも味方にも発見してもらえず絶望している感じを再現しました。

そのあとこの搭乗員は歩いて近くの基地に行き輸送機で送ってもらった問ういう設定付きです。
画像

Bf109 E-3 JG51 Flown by Oblt. Heinz Bar Sep 1940 France 完成です。!
春一番の風が吹いた撮影だったので風に飛ばされそうでひやひやした撮影でした。
画像
画像
画像


風防を開けてみました。

面白い開け方ですね。普通後ろにスライドしますがまさか横です。It's German ですね…
画像

今回、これがやってみたかった。

このBf109のパイロットに女性がチョコレートを渡すシーン・・・バレンタインです。
バレンタインは西洋の文化?なのでこのころにあったと仮定しての撮影です。

この後、この搭乗員は無事帰れたのか、この女性と付き合ったのか、ホワイトデーのお返しをできたのかな…
画像

セピアにもしてみました。
右下に「1941.2.14」を入れたかったなぁ…
画像

そして整備画像です。
白黒にしてみました。
画像
画像

空撮です。
曇り空なので色が悪く映りました。
画像

前作のFw190 D-9 JV44とのツーショットです

前期のE型と後期のD型。ありえないツーショットです。


-------------------------------------------------------------------

ちなみにチョコレート・・・

僕は女の子に貰いました。
画像

この記事へのコメント

カブ子
2016年02月16日 00:04
アカデミーはあんまり作った事ないんですが、アウトラインも良さそうだし、組みやすそうですね。

箱絵も真面目な日本のメーカーじゃチョイスしないような迫力あるカッコいいデザイン!
…なのに、主脚が短すぎますな。
いいアングルなのに勿体ないけど、キットが良ければ些末なこと。

Bf109を100機。
私の友人は109機作りましたよ。109機の内1/5くらい私も手伝いましたが。
並べると壮観なんですが、部屋の中がBf109だらけで落ち着かない思い出があります。
4年で100機いけるってのは、良いペースですね。
こないだ娘の妖怪ウォッチのプラモ作って、ついでにストックのHe162Dのジェットエンジンのパイピングを洋白線で10分くらい作ってたら面倒くさくなってきた自分に驚きました。
私の場合、このザラマンダーが完成するのに4年はかかるんじゃないかと思います。
2016年02月17日 23:02
カブ子様へ

こんばんは!
ACADEMYは珍しい飛行機をよく出しているので面白いですよ!ドイツの連絡機とかP-51B型とか…ぜひ組んでみてください^^

独特的な絵で面白いですよね!個人的にはアカデミーの零戦の絵が好きですね。実物は見たことありませんが…
本当ですね。主脚が短い笑

109機ですか・・恐ろしいですね…本当の航空隊みたいな感じになるんでしょうかねー。でもそれはまた面白そうです。僕はFw190も混ぜて100機に挑戦してみようかなと思います。
100機ぐらい作れば迷彩はどんどんうまくなるかもしれないので頑張ります。途中で飽きないか心配ですが…

妖怪ウォッチのプラモデルですか。そういえば弟が組んでましたね。
He162はドイツのジェットですねー。あれも作りたいです。あらら・・そうなんですかー…
カブ子様なら早く完成できると思いますよ!完成待っています

この記事へのトラックバック