第202航空隊 零戦22型

こんばんは!学校が始まりました。
友達の元気な顔を見れてよかったです。あと60日ぐらいの中学校生活ももうすぐ終わりと考えると寂しくなります。

で、今回はこちらです
画像

ハセガワ 72分の1 零戦22/32型です。
2機分の主翼がついてくるのでお得です・・

画像

コックピットを作ります。
零戦のコックピットは今まで作った飛行機の中で1番作りやすいです。
ちなみにハセガワの零戦はもう10機ほど作っていマス
画像

胴体を接着します。

シンプルですねー
画像

主翼を作ります。
主翼は零戦21型と同じ形状です
画像

風防をつけて塗装します!

明灰白色(三菱)ですが…塗料を買いに行く気力がないのでスカイグレーで塗装しました…
画像

黄色で塗ります。

灰色の零戦に黄色は珍しいですね^^
画像

墨入れをしてカウリングを黒で塗装です。

説明書を見ていたらカウリング色で塗れと書いてありました。そんな色があったんですね…

でも艶消しの黒で塗ります
画像

零戦22型 第202海軍航空隊所属機 完成です。

202航空隊は第3航空隊として陸攻部隊として展開しましたが1942年11月にラバウルで第202航空隊に代わりました。陸攻部隊から戦闘部隊となりラバウルで活躍したそうです

ちなみに航空自衛隊にも202飛行隊があります!
画像
画像
画像

22型なのに灰色… 灰色なのに黄色の警戒色…
かなり珍しい塗装になりました。

画像

最後に空撮!

ラバウルの空を飛んでいるのをイメージして撮りました
ヤシの木やきれいな海がほしいですね…・


それではまた次回です。ご視聴ありがとうございました

この記事へのコメント

カブ子
2016年01月14日 23:03
カウリング色ってのは、日本海軍機の場合、昔はなすび色って言ってたんです。茄子の皮みたいな、黒味がかった紫。
カラーが出てなかったのでツヤあり黒に紫を少しずつ混ぜて作ってました。

ただ、スミソニアンのオリジナル零戦五二型は、里帰り飛行に来た時に見たんですがセミグロスブラックそのままな感じでした。
でも三菱が新造した零戦五二型はまさになすび色。

正確に作りたい人以外は、自分のイメージで塗っちゃった方が健全ですね。
2016年01月16日 23:18
カブ子様へ

こんばんは!完全な黒ではないのですね。写真を見ても黒ばかりなので黒だと思ってました…。面白いですね
艶ありに紫を混ぜるといい感じになるのですね。
今度やってみます。

完全な黒だったんですか!塗りなおしてほしいですね笑

これからは写真を見て作ることにします

この記事へのトラックバック