長っぱなドーラ Fw190 D-9

こんばんは!最近は涼しくなりましたねー。
汗をかいて自転車こいで熱中症になりかけた夏休みが嘘のように涼しいです。
鈴虫も鳴いていて秋本番が近づいてきますね。

今回はこの飛行機です!
画像

タミヤの72分の1ウォーバードコレクションのFw190 D-9です。
実はこの模型はどこ探してもなかったのですが近所の模型やにありました(笑)

Fw190 D-9は液冷エンジンを付けたために機首が長くなってしまいました。そのため兵士たちからは「ながっぱなドーラ」と言われたそうです。
登場したのは大戦末期で連合軍の戦闘機に勝る戦いぶりを見せたのがこのFw190 D-9なのです。
開発の理由はFw190Aは6000m以上上に行くとエンジンのパワーが落ちてしまい性能が悪くなるそうなので…
実践投入は1944年からでMe262がいる基地の護衛戦闘機として戦ったそうでドイツ機最優秀のプロペラ戦闘機と言われました。

と、いう感じです。個人的にはFw190A型と比べると機首が長くなっているので大人な雰囲気だなーと思いました。
画像

コックピットを作り胴体を作りました。
画像

主翼を作り、胴体を作ります。
そして接着するのですが…タミヤにしては珍しく作りづらいです
画像

胴体と主翼の裏側にグレーを塗ります
画像

そして迷彩。
説明書にいろいろ色が描いてありましたがめんどくさかったのでダークグレーと濃緑色を塗ってみました。
意外といい感じです
画像

迷彩に手を加えた後、風防を塗装して墨入れしました
なかなかいい感じです^^
画像

裏も同じように墨入れします。
結構落ち着いた感じになりました
画像

デカールを付けました。
そして小物を張り付けて・・
画像

完成です。

第301戦闘航空団Ⅱ飛行隊第4中隊機 1945年 ドイツ バイエルン・シュトウラビング基地です

この「戦闘航空団」ってなんかかっこいいですよね。
いい感じに作れました!
画像

足が変な風についているのが面白いですね。
初めて見たときはこの特徴的な主脚があまり好きではなくBf109派だったのですがこちらもなかなかいいです
画像

うーん・・・カッコいいです。
長い胴体に長め?の主翼はかっこよすぎますねー。
画像

主翼の迷彩はBf109は直線ですがFw190はフリーハンドのような迷彩です。
これも戦争のための迷彩なのかもしれないですね。
画像

ちょっと今回は場所を変えて撮ってみました。
主翼のてかり具合が・・・いい…。
画像

艶消しで塗ったつもりなのに結構艶が出てしまいました。

どうやらこれは筆の特徴らしいです。エアブラシだとカサカサの感じになるそうで・・・
画像

空撮です。
いい感じの青空でした。なんか合成したみたいですね・・・

実はここだけの話ですが空中線はPCで編集で付けておきました(滝汗)

画像

いろいろ突っ込みどころありますが・・

P-40との一騎打ちです。
本当はマスタングとかソ連機とやってみたかったんですがないんですよねー・・(汗

ご視聴ありがとうございました!
ではまた次回です!

この記事へのコメント

カブ子
2015年10月04日 23:57
D9、ルフトバッフェの切り札ですか。なにが良いって、プロペラの面積が抜群で効率がいいんですよ。
この幅広で長いペラを作る技術が日本にあれば、流星改はものすごい性能になってたと勝手に思ってるんです。
せっかく逆ガルにしたんだからペラが長くてもいいじゃないですか、と。

全然関係ない話ですね。

スピナーの魔除けの渦巻きはデカールですか。上手く貼れますね~。私は苦手で、気泡が入ったり、なんかシワが入ったまま乾いてたり…いっつも塗ってました。

胴体下面のグレーとスミ入れいいですね。
スミ入れって楽しいんですよね。私はウッカリしているので、たまに拭き取り忘れてたりするんですが。

まだ残ってる私の作ったD9(胴体下面が赤と白のストライプのやつ)は娘が握りしめて放り投げてます。
もうスクラップです。
わんたけ
2015年10月06日 03:18
いいですねー!
メッサーシュミットかフォッケウルフかは僕には分かりませんが(笑)
しかし筆塗りでここまでできる人はいませんよ!あ、それとそのキットはタミヤと言いながら実はイタリアのイタレリという会社のなんですよ。「ウォーバードコレクション」と調べてみて下さい!
いっつも更新を楽しみにしています!
これからも頑張ってください(´ー`)
2015年10月17日 18:49
ロコンディー様へ

こんばんは!
プロペラの面積には理由があったんですねー・・・なんか塗りにくいなと思ってたらやっぱ大きかったんですね。
長いプロペラに幅広の流星改、想像するだけでもかっこいいすねー。

ぐるぐるのやつって魔除けだったんですか?!
付け根のほうを失敗してしまいましたけどねー。

艶消しのところに住みいれするとにじむんですがドイツ明細はなぜかにじまないので毎回やっています!
いい感じになりますよねー。

あああああああああ…娘さん・・・・
2015年10月17日 18:52
わんたけ様へ

こんばんは!はじめましてですね!
メッサーシュミットもフォッケウルフも似ていますからね!両方かっこいいですよー。

そうですかありがとうございます^^
これからもたくさん筆塗りしていきたいと思います。

あら?!イタレリ社のプラモだったんですねー。もしかしてウォーバードコレクションはすべてイタレリ社製なんですかね?

ありがとうございます!頑張りますねー!

この記事へのトラックバック