金魚 零式小型水上偵察機

こんばんは!暑いですねー。もう秋ですがね・・・
秋といえばいろいろな空きがありますねー僕は「芸術の秋」でしょうかねーと思ったら今年は【受験勉強の秋】ですね・・・もうやだ・・・

今回は秋らしく?オレンジの飛行機です
画像

空技廠の零式小型水上偵察機です。
結構マイナーな飛行機です。フジミの72ですさすがフジミ!

零式小型水上偵察機は潜水艦用の偵察機です。
1940年に初飛行してます。零式水上偵察機とは全然違う機体ですのでお間違えのないように(!注!)

実はアメリカ本土を爆撃したこともあり、潜水艦の伊‐25の零式小水偵がアメリカ本土を爆撃し、森林火災を起こし(すぐに鎮圧されたが…)たそうです。
戦後、爆撃を行ったパイロットはアメリカのオレゴン州に招待されたそうです。そしてパイロットは戦犯で罰せられると思い家宝の日本刀(自決用らしい)を持ってアメリカに行ったそうですが逆に『敵国の英雄』として歓迎されその友好関係にその日本刀をオレゴン州に渡したそうです。
僕はこの話感動して作りたくなったら偶然プラモ屋においてありました。
愛称は金魚だそうです。
画像

胴体を作りました。
結構合わせいいです。
画像

主翼を付けます。
小型ですが意外とごっついです。
画像

そしてフロートを付けました。
フロートはほかの水上機より小型です。
画像

エンジンを作ります。
カウルのぼこぼこがカッコいいです
画像

フラップと風防を付けます。
画像

黄色と赤を混ぜ調整してオレンジを作り塗装しました。
一応試作機をイメージ
画像

カウルを黒で塗ります。
画像

デカールを貼ります。
だいぶ印象変わりますね~。美しい
画像

そしてアンテナを付けて完成

空技廠 神奈川 試作機だそうです。
台さは潜水艦用カタパルトです。
画像

胴体とフロートの間のごちゃごちゃが萌えますねー。
画像

フラップは重力で下がります。垂直固定しないと下がります。
なので下げました。
画像

斜め後ろから。
カッコいいですねー。
画像

上からです
翼がちょっと後ろに行ってるのが面白いですね・
画像

後ろには偵察用窓もあります。
さらに萌えー
画像

前からです
このずっしりごちゃごちゃが素晴らしいです
画像

水上機もだいぶ増えてきました。
画像

そして4つの「ゼロ」です

零式艦上戦闘機
零式水上偵察機
零式小型水上偵察機
零式水上観測機

です。
画像

空撮です
違和感なくできたと思います
画像

カタパルトから発艦したです。
水上機+カタパルトは王道ですね。発射シーン上手に取れてよかったですが雲を書き忘れてました・・

それではまた次回です。
ご視聴ありがとうございました

この記事へのコメント

2015年09月26日 19:10
零式小型水上偵察機! 
金魚!金魚!

いつも船の付属品でしか、水上機をチェックしていないのですが、ちゃんと1/72スケールの零式小型偵察機もあるのですね。
さすがフジミ!

単葉機なのに、エンジンやフラップの付け方が中々マニアックな魅力があり、気に入りの一つです。

エアーパーク浜松の記事も楽しく拝見させてもらいました。
心神って色は黒いんですかね?
先日のニュースで出てきた試作機は白、赤の試作機カラーでしたが、黒いのもそれはそれでいいですね。

これからも頑張ってください!




2015年09月27日 21:41
今晩は、やってますね。
小型水偵いいですね・・・
小さくてかわいいです。
我輩も来月は水上機やりますよ!
久々です。
2015年09月28日 22:20
ロコンディー様へ

こんばんは!
零式小型水上偵察機です!そう!golden fisher!

そういえば700分の1にもありましたね。
1回作ったことあります。千歳に積んだ覚えがあります。
フジミは偉大なメーカーですよ(笑)

そうですね。面白いところもシャープに再現されていて作っててとても面白かったです。

おお!ありがとうございます。
心身は黒くないですよー。あれは形だけなので完成品はちゃんと意図付くと思います。
黒いものも面白そうですね。

ありがとうございます頑張ります^^
2015年09月28日 22:22
零式三座水偵T・U様へ

こんばんは!
毎晩いろいろ作っていますよ。
水上機はやっぱり偵察型が一番ですね。水上戦闘機もありますがやっぱり偵察機が一番です。

おおそうですか!楽しみに待ってますね^^
カブ子
2015年09月29日 23:59
イボ付きカウルって、この後廃れちゃんですが、模型的にはいいアクセントですよね。
シリンダーヘッドの分までカウリングを小型化して空気抵抗を抑えたんだけど、工数の割に性能にあまり寄与しない感じがいじらしい。ドイツもイギリスもアメリカも、一時はイボだらけ。

模型でもよく目立ってるんですが、すごいフラップですね。
本当にそんなの必要なんですか?と聞いてみたいくらいのフラップ。エアブレーキに近い感じがします。
2015年10月02日 22:51
カブ子様へ

こんばんは!
そうなんですね!そういえばこの後の飛行機って結構カウルスッキリしちゃってますからねー。
空気抵抗を抑えたのですね。知らなかったです。
ドイツもアメリカもだったんですね!みてみたいです。

フラップ少し下げ過ぎてしまいましたですね(笑)
本当はも少し小さいと思いますね。
七日町 糸
2017年11月24日 21:37
このアメリカ本土爆撃と言い、潜水空母伊400と言い、日本海軍は無理っぽい事を平気でやってのけますね。
この複葉機、カッコイイと言うより、可愛い感じです。
あくまでも個人の感想ですが・・・
2017年11月26日 17:19
七日町 糸様へ
コメントありがとうございます。

日本軍は無理な要求を三菱や川崎などに依頼していたらしいですからねえ・・。零戦もその矛盾な要求で出来た飛行機らしいですのでなんだか日本人ってすごいなと思いますわ。
この機体、小柄ですものね。潜水艦に乗るサイズというとだいぶ小さくて苦労するでしょう…。
僕もかわいいと思います笑

この記事へのトラックバック