筆で迷彩 Bf-109 E-3

こんばんは!もうすぐ夏休みが終わってしまいます…もう23日明日は24日で…
10日を切ってしまってますね・・・。
憂鬱な気分になってしまいますわ…。夏休みぃ・・・終わらないでくれえええええ…

そんな感じに頑張ってます。
今回はこちらです。

画像

タミヤの72分の1 Bf-109 E-3です
Bf-109はドイツの有名な戦闘機ですねー。僕も好きな戦闘機です。
ドイツの中では1番好きです。
画像

コックピットを作ります。
少ない部品でリアルにできるタミヤはすごいです。
画像

組んでいきます。
結構部品が少ないです。さらにきっちり合わさるので楽です。
画像


胴体をブルーグレーで塗装して主翼は説明書の指示通りにやりましたが…
おかしくなってしまいました。ちゃんとしてくれタミヤ。
画像

Twitterでフォロワーさんに教えてもらったのでそれを試したらいい感じの色が出せて満足。
塗っている最中は集中してて写真撮るの忘れてました(汗)

まず薄めの緑グリーンでマスキングしたところを塗ってその上に迷彩をして胴体も迷彩をしました。
筆だときついですね・・
画像

ちょっと胴体の迷彩が雑ですねー。
それ以外はよくできたと思います?。
画像

デカールを貼りました。
ドイツ機って胴体のデカールが結構ややこしいんですがそこも一体化デカールで解決しています。
タミヤすごい。でも色ちゃんとしてくれ。
画像

第54戦闘航空団第2飛行隊所属 1940年 フランス 

完成です。
墨入れしていないので綺麗ですねー。
画像

Bf-109は曲線と直線、そしてこの迷彩が何とも素晴らしい飛行機にしていてまるでヨーロッパの芸術品の様ですね。と、わけのわからないことを考えながら作っていました。アホです。

画像

この角度から見るのも素晴らしいですねー

画像

前作のBf-109とです。
成長したか…ナ・・・?
画像

後ろからもいいんですよねー。カッコいいです。
画像

お空飛ばしてみました。
編集がダメダメですが…何とか飛んでくれて一安心です。
画像

夕方に取ったので夕日とツーショットも取りました。

いいですねー。最高です。

という感じで今回の制作はなかなかよくできました!

それではまた次回です!ご視聴ありがとうございました。

この記事へのコメント

カブ子
2015年08月25日 00:03
夏休みも終わりですね。
辛いでしょう?私なんかいい年して3日休みが続くと仕事行くのが嫌ですよ。盆休み明けなんてもう…。
ひょっとして行かなくていいんじゃないかとさえ思えてきます。

エミールですか。Bf109が優位であり続けた最後の型。Fも優秀なんだけど、連合国の怒涛の新機種・改良型展開ラッシュであっという間に時代遅れにされてしまったり。
迷彩も末期頃のおどろおどろしいのと違ってさっぱりしていてラウンデルやコーションデータが目立っていいですね。
筆塗りは確かにエアブラシに比べて迷彩に向かない節もありますが…。油性塗料で薄めながら何度も層を薄く重ねるとエアブラシみたいにきれいになりますよ。

めんどくさがりの私が偉そうに言う事じゃないんですがね。油性もめんどくさくなって殆ど使わなくなったし。

でも、迷彩上手く塗れてるんじゃないですかね。相変わらずいいペースですねぇ。
2015年08月26日 02:12
カブ子様へ

こんばんは。
夏休みが終わると体育祭の練習があったり…それが嫌なんですよねー。小学校の時から運動会など体動かすのが苦手だったので夏休みが終わるのは厳しいです。
確かに、休みがあると反動?で行きたくなりますねー。

優勢な最期の時あたりのBf109だったんですね。武装は7,7mm2本に12,7mm2本だからかなり圧勝だったのですかねー。F6Fや蒸すタンクなどなど・・・の機体たちですね。日本もそれにやられてしまったですね・・・物量と資材がある国はすごいですね。
マッキ迷彩はあまりやりたくないですねー。めんどくさすぎそうでやる気が飛んでいきますわよ。
何度も塗り重ねるんですね!今度実験してみます。
油性塗料を使うとはびっくりです。

ちょっとペース早いですよねー(汗
もう少しゆっくりできるようにしたいのですが…。実は次の機体も完成間近だったりするんですよ

この記事へのトラックバック