SBDドーントレス!(まともに制作)

こんばんは!暑かったですね。
ジュースを2本ぐらい飲んでしまいました(汗)
土曜日に部活の大会がありました。
3年生なので最後の大会ですが残念ながら負けてしまいました。でもたくさん楽しくできたので悔いはないです
そして今週の金曜日には引退式をするそうです。3年って早いですね・・
で、今日は自転車で遠くに行ってきたのですがそこでレアものを発見。
画像

AIRFIXのSBD急降下爆撃機ドーントレスです!
SBDは、ダグラス社が第二次世界大戦前に開発した、アメリカ海軍の艦上偵察爆撃機(艦上爆撃機)。名前のSBは偵察爆撃機 (Scout Bomber) を意味し、Dはダグラス社を意味する。

第二次世界大戦の殊勲機として、急降下爆撃機や偵察機として第二次世界大戦のほぼ全期間において運用された。アメリカ海軍だけでなく陸軍や海兵隊でも運用された他、少数がイギリス海軍に供与されている。

第二次世界大戦の太平洋戦線においては、緒戦期のアメリカ海軍の苦しい時期、ミッドウェー海戦を契機とする戦局の逆転、そして勝利への階段を一気に駆け上り始めるまでを見届けた歴史の立会者であった。wikiより引用



以前から欲しいなと思っていたのですがなかなか見つからなかったのでとてもうれしいです。
画像

そしてエアフィックスは説明書がカラーなのでとっても見やすいです!
画像

デカールです。
英国使用もできるそうです。
画像

コックピットを作ります!。
部品が少ないので楽です
画像

色を塗っていきます。
水性ホビーカラーの機内色です
画像

胴体を接着!
合わせはかなり悪いです。。。
画像

今回はちょっと遊んでみます。
ダイブブレーキに穴をあけます!
画像

1時間ほどかかって何とか開けれました…
おかげさまで手にまめができてしまいました(笑)
画像

主翼を作ります!
画像

やっと形になってきました!
画像

小物を作ります!
爆弾、主脚、カウルです
画像

裏をグレーで、表はネイビーブルーで塗装。
画像

1000ポンド爆弾1つと100ポンド爆弾2つ作りました!
1000ポンドは500kgですが、九九艦爆は250なのでアメリカのすごさがわかりますね
画像

爆装させます!
画像

風防、後方支援機銃、プロペラを付けます!
画像

デカールを貼っていきます。
画像

デカールを張り終えた後、銀はげと排気の汚れを書きました。
アメリカは銀が少ないので楽です。
画像

完成しました!
SBD急降下爆撃機ドーントレスー-3 エンタープライズ艦載機です。
ドーントレスは多くの艦船を沈めた飛行機として有名ですえ。
画像

下からです。
この角度から見るとまるで空母の発艦の整備員みたいでいいですね。
画像

斜め後ろから。
この角度から見る飛行機は1番好きです
画像

上からです。
それにしても星のマークがすごく大きいです。
画像

フジミの99式艦爆とツーショットです。
ドーントレスが小さいことに驚きました。

それにしても方向舵の白と赤の線と星マークで星条旗を再現しているところにすごくセンスを感じるんですよね
画像

最後に発艦です。
早朝の発艦訓練をイメージして撮ってみました。


それではまた次回!
ご視聴ありがとうございました。

この記事へのコメント

2015年07月12日 23:27
今晩は、ご無沙汰です。
今度はドーントレスですか!
我輩も大好きな機体です。
いつか作成したいと思ってます。
アメリカ軍の一時期星のマークがでかい時のですね・・・迫力あります!
日本はどでか日の丸ってないもんね・・・(笑)
こちらは月光がもう少しで完成します。
しゃちほこ
2015年07月14日 18:34
しゃちほこですwツイに乗ってたから見てみました、マメは治った?w
2015年07月14日 18:55
零式三座水偵T・U 様へ

こんにちは!
はい!ドーントレスです!。アメリカ機なのに日本機みたいなスマートな形が好きなんですよねー。
作るのならハセガワの48分の1か今回作ったやつがおすすめです!。
そうですねー。主翼の3分の1ぐらいあります(笑)
たしかにりく隼は結構日の丸が大きいけどあそこまで大きくないですからね。
2015年07月14日 18:56
しゃちほこ様へ

こんにちは!
こちらでは初めまして(笑笑)
豆はおかげさまで何とか治りましたよ。ちょっと違和感ありますけど(汗)
カブ子
2015年07月24日 23:54
エアフィックスのドーントレス、良さそうですね。
今度暇だったらダイブブレーキ下したのを作ってみては?胴体部やコクピットを差し置いて垂れ下がった板が主役になりますよ。
ドーントレスのエアブレーキってすごい独特で面白いですよね。
あんまり深く考えずに作って飛行機にくっつけてみましたみたいな、豪快なアメリカンのノリなんですよね。
他はそれなりに洗練されていると思うのに、あの無骨なダイブブレーキは何なんだろうと。
2015年07月26日 17:13
カブ子さまへ

こんにちは!
エアフィックスのプラモデルは日本メーカーとは違った楽しさがあり作っていて楽しいです!。
おお!今度見つけたらぜひ制作してみます。下のダイブブレーキも穴をあけなければいけないですね…。大変ですわ(苦笑)
あのダイブブレーキは面白いですね!板に穴めっちゃあけてやってみたらめっちゃ良かったって感じなのでしょうかね。面白いですな。ちなみにドーントレスの次のヘルダイバーという艦爆にうけつがえています!
七日町 糸
2017年10月25日 19:01
SBDドーントレスですか。
零戦の好敵手だったヤツですね。
かのエースパイロット坂井三郎は、この飛行機の後部機銃で負傷しています。
なんでも、戦闘機と誤認し、後ろ下方から近づいたところ、狙い撃ちされたそうで・・・。
しかも相手は八機いたようで、坂井三郎は右側の頭を血だらけにしながらもラバウルまで帰ったそうです。
ちなみに、この時乗っていた零戦は、オーストラリアの戦争博物館に保存されてるそうです。
2017年11月07日 23:40
七日町 糸様へ
コメントありがとうございます。

SBDドーントレスカッコいいですよね。確かF4Fか何かと間違えていましたよね。やはり飛ぶ飛行機から敵の飛行機を鑑別は大変なのですかね。
零戦はオーストラリアに保存されているのですね。一度行ってみたいものです

この記事へのトラックバック