紫電改のマキ

こんばんは。今日は風が強かったですね。おかげで涼しくて快適に過ごせました。
どうでもいい話ですがライトが切れたので自転車を直しに行ったんですが治す前と治った後ではだいぶ乗り心地が違ってびっくり…。
鍵もすぐかかるし、漕ぐのも本当に楽でした。やっぱり整備って大事ですね。

で、前回の更新から1日しかたっていませんが今回はこちらになります(汗)
画像

「紫電改のマキ」という漫画のプラモデルです。紫電改の○○なら紫電改のタカが有名ですがこちらの紫電改のマキというのは公式の説明ですと、ふとしたことから名機・紫電改を手に入れた女子高生・羽衣マキ。なぜか言葉を話す紫電改とともに大空を目指すマキを、数々のライバルたちが待ち受ける! と、いう内容です。気になった方はぜひ買ってみてください。4巻まで出ています。
画像

箱を開けてみますと、本体(紫電改、飛燕、零戦21型)、説明書、デカール、ポスターのような広告のようなもの、が入っています。
紫電改とかは普通に売っているやつと変わらないです。
画像

説明書は工夫してあり読みやすいです。
クリックすると画像が拡大されます。
画像

そしてデカールです。
下のデカールはどう使えばいいのかな…。
画像

とりあえず主人公、羽衣マキの紫電改を作っていきましょう!
コックピットを作っていきます。バリが多いです。大変大変。
画像

胴体と主翼を接着。
主翼は機銃周りのバリがすごいので結構取るのに神経を使います。
画像

背面を銀で塗ります。
どうやら戦争の混乱で銀とか何色だったとかは覚えている人はいないらしいそうで、どれが正しいとかわからないらしいです。でも説明書通りに銀色を塗装しました。うまくできたと思います。
画像

表を塗装しました。
暗緑色で塗装。中島暗緑色を塗りたかったですがなかったので…(泣
画像

小物を作ります。
主脚とプロペラだけです。
画像

そしてデカールを貼り…
画像

完成です!
ハセガワの紫電改は簡単に1日ぐらいで作れてしまいます。
画像

この角度から見る紫電改もなかなかなものです。
画像

斜め後ろからです。
20㎜機銃4門+誉発動機の紫電改は日本海軍で最強と言われていますね。
有名な3月にアメリカ艦載機と戦った戦闘では54機も落としています。
すごいですね。
画像

上からです。
イの文字は石神学園のイらしいです。
うーん…紫電改じゃなくてイ電改……………
画像

横からです。
横からもなかなか行けますね。尾翼にはうさぎさん。
画像

最後に離陸を…
プロペラは接着指定なので回ります。

と、いうわけで今回はなかなか上手にできたと思います!
評価は[★★★★☆]です

次回は飛燕を予定していますが気まぐれで変わることもあるかも…

ご視聴ありがとうございました!。それではまた次回!

この記事へのコメント

2015年06月28日 21:34
自分の部屋にも、同じ3機セットが積んであります。
連載中にはなんとか完成させたいですね~
筆塗りでざっくりいっちゃおうかな?
2015年06月28日 21:56
Flanker様へ

こんばんは。
積んであるんですか!僕は買ってすぐ作りました。その代りほかの積みが遅くなります…。
筆塗りでざっくりつくるのもいいと思いますよ!
2015年06月28日 21:57
最後の写真、すごくいいですね~!!
うっすら夕焼けが垣間見える背景がぼんやりと霞んで
回転しているプロペラが躍動感を演出していますね。
わたしもカメラをもうちょっと使いこなしてみようと思います。
2015年06月29日 22:20
ロコンディー様へ

こんばんは!
夕日の写真は、風が強くてプロペラが回ったんですが強すぎるのでプロペラが飛んで行ってしまうんですよね…なので3秒ほどで撮影した写真です。
ちなみに石垣ではなく屋根なんです(笑

おお!使いこなしてみてください!
楽しみにしています^^
カブ子
2015年06月30日 00:44
オジサンは最近プラモ屋でこれのヨンパチ飛燕、零戦を怪訝な顔で見てました。
娘は可愛いとか喜んでたけど。
1/72で3機入ってるってお得ですね。
紫電改のタカが頭に浮かんでくるなぁ。逆タカ戦法とか無茶苦茶やってた。

紫電改の下面ですが、量産機はほとんど無塗装ですよ。当時の写真でも下面が写ってるものは明灰白色と明らかに違ってるんです。工数の簡略化したんですよ。フィルムで撮影された動く紫電改も下面は無塗装で、戦後に進駐軍が撮影したカラー写真でも無塗装、貴殿の作例は史実通りで正解です。
暗緑色の紫電改もフェレットによる迫力ある胴体と相まって力強くていい感じ。銀塗装も丁寧ですね。
私も震電や零観をそっと棚にしまって近々四式戦をやってみようと思ってます。
2015年06月30日 21:56
カブ子様へ

こんばんは!
そういえば48でも出ていましたね。1機2000円ぐらいで3機買えば6000円…明らかにこちらの方が安いし、僕は72が基本なのでこちらにしました。
飛燕と紫電改は定価だと800円、零戦は1400円ぐらいなので普通に買うのと変わらないぐらいです!
やはり、紫電改のタカを思い浮かべてしまいますよね。どんな作品かは知らないですが結構有名ですからね…。

無塗装だったんですか…プラモデルで言うとプラスチックの上に緑塗っただけで裏は塗ってないって感じなんですね…。そうだったんですか…。そのころには日本は塗料も残ってなかったことがわかりますね。
そうですね!紫電改は迫力ありますねー。
銀塗装は初めてうまくできました。うれしいです。
4式戦…疾風ですね!。
2015年06月30日 23:43
こんばんは。ついに紫電改を造りましたね。それにしても写真が綺麗ですね!Bf109とかなり差があるような気がしますが気のせいでしょうか。

今回敢えて“よごし”をしていないのも、とても好印象です。
2015年07月01日 15:47
アクタ様へ

こんにちは。
なかなかつくる機会がなかったのですが、今回作れてよかったです。次は雷電も作ってみたいです。
写真はちょっと時間かけて取ってみました。
あと時間も関係して日光で照れば外で撮るのですがBf109の場合、夜だったので蛍光灯でした。自然光っていいですね。

さすがに今回の作品は汚す気はありませんでした(笑)
たまに汚さないのもいいですねー。
通りすがり
2015年07月02日 23:02
ガンパパ島の~も忘れないでネ!!www。
2015年07月07日 16:15
通りすがり様へ

こんにちは!
お久しぶりですね。

そちらは作る予定ないです(笑)

この記事へのトラックバック