平成の零戦 航空自衛隊F-2

タイトル名が零戦が零銭に誤変換されていたので訂正いたしました。
こんにちは!。もう5月に入りましたね!。
5月といえばゴールデンウィークがありますが、勉強とプラモと艦これだけで終わりそうです。
で、今回は作るのが早すぎました。(汗)

今回の機体はこちらです↓
画像

↑ハセガワ72分の1三菱F-2量産1号機/2号機です。
中古で799円で買いました!。ちなみにこの模型は2000年6月生まれなので僕とほぼ同じ年齢です。
あと限定生産品です。
F-2戦闘機は国産のF-1戦闘機の後継として作られた機体で、航空自衛隊で1番新しい戦闘機です。
ちなみに出た当初は支援戦闘機と言われていましたが2008年に統一され戦闘機になりました、
帝国海軍ポジションで行くと「艦攻」だそうです。対艦ミサイル積んでます。

ニックネームは「平成のゼロ戦」です
画像

コックピットを作っていきます。
画像

胴体を作ります。
F-16みたいです。
画像

主翼と尾翼と垂直尾翼を付けました。
よくF-16と同じやねんっていう人がいますが、実はF-16とは全く別物です。
画像

塗っていきます。

間違えて艶ありを買ってしまったので今回は全部艶有で行きます。
画像

洋上迷彩を塗っていきます。
すごく大変です、
画像

小物類を取り付けてデカールをはります。
スムーズに貼れてよかったです。
画像

完成しました。!
F-2の完成です。今回は対艦ミサイルは取り付けませんでした。
どうやら小牧空港のテストフライトらしいので・・・・
ミサイルはどうしよう
画像

キャノピーは開けたままにしておきました。
画像

後ろからです。
ちょっと迷彩失敗してしまったんですよ…。
画像

F-16とF-2です。
キャノピーや尾翼や主翼の形状などが違います。

ちなみにF-16よりF-2のほうが強いそうです。
画像

最後に「平成の零戦」と「昭和の零戦」を…

飛行機の形は全く違いますが日の丸は同じですね。
日の丸はいいですね。やっぱり


次回はF-15JかF-4EJを計画中です。

ではまた次回!

この記事へのコメント

2015年05月01日 01:42
こんにちわ。

平成のゼロ戦、バイパ―ゼロ、F-2!
かっこいいです!

あの青と紺の洋上迷彩も見事です。

93式空対艦誘導弾を4基を積みながら、
戦闘行動半径が830kmもあるという
島国日本らしい対艦番長のF-2は
私も大好きな戦闘機の一つです。

これからはさらにF-35や心神、そしてF-3が日本の空を
駆け巡ると思うと胸が熱くなります。

次回の航空自衛隊の戦闘機も楽しみにしています!
2015年05月01日 18:09
ロコンディー様へ

こんにちは!
F-2はカッコいいですよね!。航空自衛隊で1番好きな飛行機です!。
あの洋上迷彩ってほんとうに海と一体化するらしいんですよね。実は青と紺の間は少しぼかしが入るのですが溶液で少しずつやりましたが難しくて断念しました。

93式対空誘導弾というんですか!。93式といえば日本海軍の93式酸素魚雷を思いうかべてしまいます。
島国の戦闘機って感じでいいですよね!。

F-35とF-3が飛んだらいいですよね!
製造を三菱重工でやるのならテストフライトを小牧基地でやるので絶対に撮りに行きます!。

次回は父からの依頼作品になると思うので筆塗りではなく、スプレーになると思います…。
2015年05月05日 00:27
この前、富山に行ったとき北陸自動車道は小松基地の近くを通っているのですが、F-15のお出迎えを受けましたよ。行きの時は3機編隊が飛び立ちながら旋回していて、帰りは今度は逆に着陸態勢に入っていました。
F-15はエアーブレーキが付いているので、着陸時には特に格好良いしスピードも凄く落として着陸してきます。
F-2はアメリカから色々いちゃもん付けられなかったら信じられない運動性能を持った戦闘機になっていたのに残念です。それでもF-16より遥かに凄いし、20mm機関砲での格闘戦ではF-15と互角にやり合えるとか。
2015年05月05日 23:49
ことっち様へ

こんばんは!お久しぶりですね。
いやー。高速道路でそのような光景を見られるとはうらうやましいです!
小松基地、行ってみたいですねー。
小松基地といえば確かF-15とF-4がいましたね。
3機の編隊でみえたとはさらにうらやましいです!
今度行ってみたいですー。
F-15のエアブレーキはいいすね。いかにもエアブレーキって感じで好きです。
逆にアメリカがいろいろ教えてくれって言われたらしいですからね。まさに無敵の「零戦」ですね。
そういえばあれは生産する費用がすごいかかるらしくてアメリカの大量生産では効率は悪いのですかねー。F-3に期待します。
2015年05月09日 11:01
こんにちは。F-2って思ったより小型なんですね。ゼロ戦と並んだ画像を見て少々驚きました。F-15やF-14がデカ過ぎかもしれませんが、第4世代のジェット戦闘機は大きい、と僕は思い込んでいたようです。

F-2は平成のゼロ戦と呼ばれているのですね。知りませんでした。見た目、コックピットからの視界が良さそうなので格闘戦向きの機体だと考えられます。

F-16も好きですが、この形が僕の好みかもしれません。米軍のコルセア(ジョット機のほう)も好きなので。ただ、なんでF-16よりF-2のほうが評価されているのかよくわかりません。両機とも機体形状の特性で非常に不安定らしく、コンピュータによる制御アシストがないとまともに飛べない、と昔どこかの本で読んだ記憶があります。
2015年05月09日 15:41
アクタ様へ

こんにちは。
結構現代戦闘機って大きいですが、F-2とF-16だけ小さいですよね。単発エンジンだと小さくできるのかもしれないですね。僕も最初は大きいと思っていましたね。

そうなんです!僕も友達に言われて初めて知ったのでびっくりしました。公式名ではないですがハイパーゼロともいわれているそうです。まあ僕はF-2といいますけど…

たしかに、視界はよさそうですよね。F-1に比べたら断然よくなったと思います。

この形の戦闘機はいいですよね!。
ジェットのコルセアもお好きなんですか!僕はプロペラのコルセアのほうが好きですねー。
F-16よりF-2のほうが機動性もすべてがすべていいそうです。おまけに後ろにパラシュートありますしネ
不安定なんですか…。ちょっと意外ですね。
コンピューター制御ないと飛べないとはびっくりしました。

この記事へのトラックバック