戦争跡めぐり その1  千種公園 機銃掃射跡

こんばんは。お久しぶりです。最近はプラモデルをほとんどサボりまくって全く進んでいません。
理由は勉強が忙しいからではなくただ単にやる気がないからだけです。
あと今回はリベット打ちをしてみたので余計に遅かったりします。

で、零観できるまで何も更新しない予定でしたがなんか更新したくなったので更新します。
画像

今回は千種公園(ちくさこうえん)に行ってみました。
千種公園は隣の鶴舞(つるま)公園とは比較にならないほど小さくて自転車で行ったんですがかなり道を間違えていろいろ大変でした。

↑。公園を入ると右には戦争を伝える看板?がありました。
焼ける名古屋城と国鉄名古屋駅の写真です。

酷すぎますね…。これで沢山の方が亡くなられたことを思うと胸が痛みます。
画像

こちらには石碑がありました。
画像

そして今回の本題の機銃掃射跡です。

爆撃の際、戦闘機が下りてきて地上に向かい機銃掃射をして帰るそうですがその時の跡らしいです。

どうやらここにあったやつではなく別の場所から移植したらしいです。
画像
説明書きです。
画像

このように破損しているところがあります。
画像

この穴の奥には遊んでいる子供の姿が見えます。
とても言葉では言い表せない感じがしました。
画像


最後に機銃掃射の穴を、

おそらくP-51ムスタングの12,7㎜機銃だと思います。
F6Fかもわかりませんが、調べるとB-29が来ていたので陸軍つながりでP-51だと思います。



今後はこのような戦争がないことを願います。
この後にこれを見ると、泣けます




それでは次回。

この記事へのコメント

2015年04月19日 07:53
自分のとこですと知覧があります。展示物見てると
なんとも言えない気分になります……。
リベット打ち、根気のいる作業ですね。
完成&写真のアップ、楽しみにお待ちしてます。
2015年04月19日 11:13
blackaxela様へ、

こんにちは!知覧ですか。
確か3式戦闘機飛燕があるところですね。あと零戦もありましたね。

そうですね。戦争の展示物や現物を見ると何とも言えない気持ちになってしまいます。
実は零戦を見に行ったとき最初に来た感情がかっこいいではなくあの不思議な気持ちだったのが自分でもびっくりしました。

本当にしんどいです。リベット打ちはキリの先でまめにやってるんですが大変です。

がんばって4月中には制作したいなと思います!
通りすがり
2015年04月22日 22:31
テスト、如何でしたか?。
おぢさんは、「火垂るの墓」「おこりじぞう」「子供の頃戦争が有った」とかで泣いちまうクチだからナァ・・・。
輸送機って・・・(汗)。お若いのに渋いなぁ。
輸送機じゃないけど、旧LSの中攻のバリエーションで「日本号」って有った気がするな。
2015年04月23日 15:14
通りすがり様へ

こんばんは!
テストは全然できませんでした。頭が悪いので(笑泣)
文章問題全部サボりました。

輸送機って意外とかっこいいんですよね。
あまりスポットライトの当たらない飛行機ですが影の力持ちって感じで好きです。
タグラス社製の輸送機をコピったのが零式輸送機らいいです。ちなみにアメリカもその輸送機を使っています。

96式陸攻の試作機ですね。
その試作機を民間の会社が買い取って日本号にしたらしいですね。そういえば遠くのプラモ屋で見たんですが今度買ってみようかなと思います。
ちなみにロンドン~東京で有名な神風号も試作機を買い取ったらしいです。
2015年04月23日 21:52
こんばんは。

弾丸が貫通した穴から覗き見える子供の姿を撮った写真。このアングルは胸が詰まります。何よりこの写真を撮ったのが中学生というところに希望があります。

動画は栃林さんの作品を編集したものですね。栃林さんの作品はクオリティが突出しており、特に航空機の描写が素晴らしく有名です。映画だと「山本五十六」のCGを担当されたお方です。この映画の内容はともかく、機動部隊などの映像が秀逸で、CGだけを観ればとても良い内容だと思います。

戦争は過去の出来事であってほしいですね。今の時代ではぬいぐるみに地雷を仕掛け、無人機がミサイルを撃ち、追い詰められれば核兵器がある。そんな時代です。それに血の涙を流した先人達は、戦争を知らない日本人を見てきっと怒らないでしょう。その事実を忘れなければ。
2015年04月23日 23:54
アクタ様へ

こんばんは。
そうですね。あの風景を見たときは胸が詰まりました。
実はこの機銃斉射跡を調べた時にこんな写真撮れないかなと思っていたんですが撮れました。なんというか本当に言葉にできない感じです。

やはりこのCGの方は有名だったんですね。とっても精密なCGで見たときは驚かされました。
映画も担当をされたのですね…。なんとすごいお方。
機動部隊まで完璧に再現されているのですか…さらに驚きました。
ちなみにご存知かもしれませんがユーチューブ内にこのCGの完全版がありますよ。「紫電改最後の戦い」で検索するとヒットします。

本当にそうですね。今も戦争をしている国がありますからね…。戦争はどうしても回避できないことですからね。
でもそれを回避するのが人間だと思っています。
ぬいぐるみに地雷ですか…恐ろしいですね。小さい子が触って爆発するんでしょうかね。
もう2度と戦争は起こってほしくないです。

カブ子
2015年04月24日 20:29
私の住む高知県でさえ空襲されてるからねぇ
主要な軍施設も工場もないのにね。
高知竜馬空港の近くには海軍の掩体壕がいくつか残ってて、同じく機銃掃射の後が…
13㎜は20㎜と比べて威力の面であまり語られることがないけど、コンクリに刻まれた弾痕みたらゾッとする。

私のじい様は陸軍で整備兵してて、その従兄は陸軍でパイロットしてたんだけど、生々しい話が多くて、数十年生まれる時代が違っただけで何てことかと思ったなぁ。

名古屋の惨状、記録や写真では見たことあったけど、こういった戦跡を見たのは初めて。
勉強になりました。
子供たちに戦争を伝えるのは大事だね。

ありがとう。
2015年04月24日 22:44
カブ子さまへ

こんばんは
高知県は、空襲を受けてないんですか。それは初めて知りました。でも松山は基地があったので受け入てたかもしれないですね。
海軍の掩体壕ですか。実は小牧基地にも陸軍111飛行隊?が使用した掩体壕が3つ残っております。
13mmと20mmどっちにしろ当たったら死んでしまいますからね…。
本当にぞっとしますね。

おじいさまと陸軍の整備の方だったのですか!驚きました。
兄様はパイロットですか!。すごいですね・

戦争の話は生生しい話が多いので聞くときや見るたびに何度もショックを受けてしまいます。
1940年と1950年の10年間ではだいぶ違いますからね。
ちなみに祖父は2~3歳の時、真珠湾攻撃があったらしいです。

自分でも初めて見てとても勉強になりました。
戦争は必ず伝えてならなければならないものですからね。

この記事へのトラックバック