≪オリジナル≫JAPAN軍の複葉機を作った

こんにちは。朝起きて窓を見たら1面がテストの答案用紙のように真っ白!
うおおおお。0点だー…ではなくめちゃくちゃ雪が積もっていました。

平地でこんなに雪が積もるのは久しぶりでした。

ついでにテスト用紙は真っ白ではありませんので
画像

で、先週の金曜日ぐらいから↑複葉機のプラモデルを作っていました。
この前、200円で買った中古プラモデルです。

フランス空軍の物ですが日本機に改造したいと思います!…といっても日の丸を書いて緑で塗るだけですけど…

画像

部品です。
本体や翼はランナーにはくっついていませんですがバリがあります。
これはどーゆーことなんでしょーねー。

画像

機体の貼り合わせを行いました。
出っ張りがないので全体を見て接着を決めるんですがなかなかいいとこが見つからなくtきついしいです。

画像

複葉機は上の羽を接着すると塗りにくくなるのでさきに塗りまします。
駄菓子菓子、なじまない…

画像

なので下時に白を塗ります。
これで1日目終了

画像

上に赤を塗りました。
これで2日目終了。。。
効率悪すぎます><

画像

それで、マスキングします。
99艦爆を作った時の大きさでは小さかったので今回は大きめにしました。

画像

上から緑を塗ります。
塗料が少なくなってきたので新しく買わないといけません。

画像

乾く間に発動機とプロペラを組み立てました。

画像


日の丸マスキングをはがしました。
ちょっと失敗してしまいました(汗

そしてここで問題が発生。
タイヤ付近の部品が足りない!
どうしよう!…なんのことはない↓

画像

自分で作りました★
タイヤにランナーをブスッと差し込みこれで解決

画像

カウルを付けて黒で塗りました。

画像

工事はどんどん進みます。
上の羽を支えるシチューをどんどん刺していきます。
画像

そしてなんとか付けれました。
だいぶ不安定です。接着大変でした。
これに1時間空中戦してました。

画像

ちょっと羽がさみしいなということでデカールを貼ることにしましたが古かったので

見事に散りました チーン

画像

97艦攻のときに余ったデカールを後ろに貼りました。
後部番号を貼ると海軍っぽくなりますね。

画像

そんで風防とタイヤを付けて完成しました!
…なんか離陸した瞬間落ちそうです。

画像

後ろから。
結構カッコいいです。この角度だと・・・でも↓

画像

よこから。日本っぽくない形です。


画像

零戦21型と。
羽は21より小さいです。

にしても何て名前にしようか悩みます。
偵察機にしては1人乗りだし無線使えなさそうだし、練習機にしては色が違うし…
まあそうこの奥で眠っているボロにしておきましょ

画像

正面から

名前は88式戦闘機でいいかなぁ…
うーん…ナンカチガウ

というわけで名前募集します(笑)


それでは!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年12月21日 19:06
グラディエーターも日本仕様に塗ると味がありますねー。 この機体は戦闘機、艦上戦闘機として運用されていましたが相手がBf109やマッキだったので余り役に立ちませんでした。
複葉機のSTOL性を活かして歩兵支援戦闘機という運用は如何でしょう?歩兵部隊が苦戦している敵のトーチカ等の情報を元に、本隊から飛び立ちピンポイントで攻撃!
役に立ちそうでしょ。
2014年12月21日 19:29
ことっちさんへ

グラディエーターという名前の飛行機なんですね。知りませんでした。
戦闘機だったんですか!Bf109ってドイツのメサッシュなんとかのやつですよね?
たしかに単葉機と複葉機では製のが全く違いますもんね。

なるほど!いいですね!。歩兵支援戦闘機、かっこいいですね!
そうしてみます(笑)
七日町 糸
2017年11月26日 15:53
こんな感じでどうでしょうか?上のコメントを参考にしました。
日中戦争において、日本軍は山に立てこもり抵抗を続ける中国軍に苦戦していた。
山が険しいゆえ、戦車も騎兵隊も入れないのである。
そこで目をつけられたのが、飛行機による対地攻撃であった。しかし、海軍も陸軍も最新鋭の零戦や隼を投入することは出来なかった。
そこで目をつけられたのが、かつて研究用に輸入され、倉庫の奥で眠っていた。フランス製の複葉機だったのである。
こんな感じでいかがでしょうか?
2017年11月26日 17:24
七日町 糸様へ
コメントありがとうございます。

うわ―凄く懐かしい記事だ。まだ中学生のころだ…笑
面白い設定ですな。複葉機ならば戦車も騎兵も入れないところなら楽々攻撃できますもんね!
倉庫の奥に眠っていた機体という設定が心を動かしますね。
良いです👍

この記事へのトラックバック